×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クラウンクラブトップページ
ホーム >> モデルチェンジ

クラウンのモデルチェンジ

1955年から日本の高級車として君臨する歴代のクラウンです。

フルモデルチェンジ(2012年12月25日)
14代目としてフルモデルチェンジ。
ロイヤルは3,000ccを廃止し2,500ccのみとなる。
ハイブリッドはロイヤルとアスリート、それぞれのシリーズから2,500ccとして登場。
特別仕様車発売(2012年4月2日)
ロイヤルサルーンとアスリートに特別仕様車「プレミアムエディション」登場。
乗り降りを容易にするためステアリングと運転席が自動的に移動するパワーイージーアクセスシステム(運転席)や電動式リヤサンシェードなどを特別装備。
特別仕様車発売(2011年11月1日)
クラウン生誕55周年特別仕様車「アニバーサリーエディション」の本革シートにツートーンカラー(「ロイヤル」シリーズは、シェル×アイボリー、「アスリート」シリーズは、ダークブラウン×ブラック)を設定し、新たに採用したフレンチポプラ調の木目調パネルと組み合わせ、より魅力的な仕様としている。
特別仕様車発売(2010年12月20日)
クラウン生誕55周年を記念してクラウンロイヤルサルーン、クラウンアスリート、クラウンハイブリッドに特別仕様車「アニバーサリーエディション」を発売。
マイナーチェンジ(2010年2月8日)
2,500cc車は無鉛プレミアムガソリン仕様から無鉛レギュラーガソリン仕様に変更。
内外装の意匠変更と同時に「ロイヤルサルーンシリーズ」・「アスリートシリーズ」の2.5L・2WD車の燃費を向上させ、「平成22年度燃費基準+15%」を達成。
特別仕様車発売(2009年6月16日)
クラウンハイブリッドの標準グレードをベースに一部装備の削除・簡略化を行い、ベース車に比べ79万円の大幅引き下げを実現した特別仕様車「スペシャルエディション」を発売。
特別仕様車発売(2009年4月6日)
クラウンの国内累計販売が500万台突破を記念してクラウンロイヤルサルーン、クラウンアスリートに特別仕様車「アニバーサリーエディション」と「スペシャルエディション」を発売。
新登場(2008年5月6日)
クラウンハイブリッドが新登場。
1955年から日本の高級車として君臨する歴代のクラウンです。
スポンサードリンク
クラウンクラブ
Copyright CROWN CLUB All rights reserved.